Home » Blog » 基礎的なコーヒー用語

基礎的なコーヒー用語

酸性度/明るさ

苦味と混同しないでください。一杯のコーヒーでの情熱や生活。舌の側面に残された心地よいピリッとしたまたは鋭い(酸味)感じとして説明することができます。軽い焙煎コーヒーによく含まれ、まろやかで滑らかなコーヒーとは対照的に、独特の鋭さを生み出すことができます。

基礎的なコーヒー用語

香り

嗅覚への即時のアピール。スペシャルティコーヒーは、複雑な香りを持っています。その香りは、コーヒーが舌に触れる直前に、そのコーヒーの味への期待を高めてくれます。それは、人為的なものとか強すぎる香りではなく、期待を高めてくれる絶妙な香りである必要があります。

ボディ

口の中にあるコーヒーのコク、重さ、濃厚さ。コーヒーの専門家はこれを「口当たり」と呼んでいます。コーヒーを飲むときに感じる軽さや重さの印象です。コーヒーのボディは、テイスティングを行うときに分析するのが非常に簡単です。

フレーバー

舌が口の中でコーヒーの芳香の特徴を解釈する方法。フレーバーとは、単にコーヒーの味を指します。ワイン、土っぽい、甘い、ナッツ、スモーキー、チョコレート、またはスパイシーなどと表現される特定のフレーバー要素のことです。

アラビカ

アラビカ豆を生産するコーヒー低木の種。これらの木は、海抜4,000〜6,000フィートの間に育ちます。アラビカ豆は専門のロースターやコーヒーショップで使用されており、業界のほとんどの人が最高級のコーヒーを生産すると考えています。

バリスタ

エスプレッソマシンでエスプレッソを淹れ、エスプレッソベースの飲料を作る人。

苦味

舌の裏側に不快な味を感じます。この経験は通常、過剰に抽出された醸造物や過剰に焙煎されたコーヒーに関連しています。

ブレンド

コーヒー豆の1つまたは複数の品種を混ぜたもの。

明るい

上質なコーヒーの特徴。生き生きとしたキラキラした味と見た目を表現しています。

キャラクター

コーヒーの一般的な品質を指します。特定のコーヒーの特徴は、国、地域、さらには原産地の庭に関連付けることができます。

繁雑さ

単純でなく、コーヒーに多くの側面が存在する味や香りを指します。

カッピング

コーヒーをすすりながら、焙煎の程度、風味、酸味、コク、香り、その他の特性を評価するプロセスを指します。

カフェイン抜き

豆の天然に存在するカフェインの97%以上を除去するプロセス。

内果皮

果肉の真下にあるコーヒーチェリーの一部で、豆の加工で洗い流されます。

エスプレッソ

ロースターの哲学に応じて、一般的にミディアムからダークロースト。ロースター、または専門のコーヒーショップは、「エスプレッソブレンド」または「エスプレッソロースト」と呼ばれるものを販売する場合があります。

エスプレッソブレンドまたはローストは、任意の方法(パーコレーターやフィルターなど)で醸造できますが、エスプレッソは通常、エスプレッソマシンで醸造されます。

優れたエスプレッソカップは、コクがありフルボディですが、強すぎたり苦すぎるのもだめです。

エステートコーヒー

1つのプランテーションで栽培されたコーヒー豆。豆で稼げる金やコスパよりも味と品質を重視しているため、栽培者は豆の世話をするでしょう。

フル

ボディ、酸味、特定のフレーバーなどの優れた特性の接頭辞で、強い特徴を示します。

草っぽい

コーヒーの汚染された味を指します。通常、豆を洗うために不純な水が使用された場合、または処理中の不適切な乾燥によって発生します。

グリーン

ローストされていないが加工されたコーヒーを指します。

高成長

すべての高級コーヒーは高地で栽培されています。高地で育てられた植物は、よりゆっくりと成熟し、より濃縮された強い風味を持つ豆を与えます。

オーガニックコーヒー

化学肥料や農薬を使わずに栽培されたコーヒー豆を指します。

処理

種子からコーヒーチェリーの果肉を取り除く行為。コーヒーチェリーは、天日干しして製粉するか、発酵させてパルプ化します。

クエーカー

熟していない豆を入れたコーヒーチェリー。

リッチ

深みと複雑な味わい、フルボディ、そして全体的に満足のいく味と香りのコーヒー。

焙煎

特定のフレーバー特性を引き出すために、グリーンコーヒー豆に放射熱や伝導熱を加えること。醸造の準備をするため「調理」です。

ロブスタ

ロブスタ

コーヒー豆の最も豊富な種の1つ。ロブスタは耐病性が高く、標高が低い場所でもよく育ちます。彼らはアラビカと比べると味は劣りますが。それらは、インスタントコーヒー、ほとんどの商用グレード、および「スーパーマーケット」コーヒーで使用されています。

時折、特別なロースターがロブスタ豆とアラビカ豆をブレンドして、より細かいアラビカを「伸ばし」、いくらかの費用を節約しようとします。そのため、得られるコーヒー飲料の品質は損なわれます。ロブスタには、アラビカよりも多くのカフェインが含まれています。

画面サイズ

異なるサイズの豆を分離するために使用されるグレーディングシステムを指します。大きな豆はより高価です。ただし、豆の大きさは必ずしも味と直接関係があるとは限りません。

臭い

熟しすぎた状態で摘んだコーヒーチェリー。

品種

ブレンドとは対照的に、コーヒー豆の単一の品種または起源を指します。

コーヒーテイスティング

自分の味覚を信じましょう。我々の味覚は、一人一人が味わうのと同じくらい個性的で個人的なものです。

一部の人にとってコーヒーを味わうことは、カッピングと呼ばれる一種教養と思っています。真のカッピングは芸術ですが、カッピングの儀式は何年にもわたってより科学的になっています。

コーヒー問屋 – 横浜珈琲問屋

コーヒー問屋(横浜珈琲問屋)とは、コーヒーをまとめて購入し、それを転売して利益を得る個人または企業のことです。これは、コーヒー業界でお金を稼ぐための素晴らしい方法です。

Coffee wholesaler - 横浜珈琲問屋

Coffee OEM – コーヒーOEM

Coffee OEM(コーヒーOEM)は、独自のブランドでコーヒーを販売するプロセスです。まず卸売業者からコーヒーを購入し、それから自分のロゴでそれをカスタマイズしていきます。