相手先ブランド製造(OEM)とは?

相手先ブランド製造は通常、他の会社が製品を製造するために使用できる商品を販売する会社のことです。その後、その会社は自社ブランドの製品として顧客に直接販売することができます。

コーヒーOEM

コーヒーOEMがいい例えです。 コーヒーショップは、OEMサプライヤーから独自の豆や粉を購入する場合があります。その後、自分のバッグをカスタマイズして、店舗やカフェで再販します。そうすれば、在庫に巨額の投資をせずにOEMコーヒーを販売することができるようになります。

これらの費用はすぐに蓄積する可能性があります! OEMを使用しなかった場合に支払う必要があるものは以下になります:

  • 倉庫費用
  • 輸送費
  • コーヒーの収穫費用
  • 品質管理費用

ご覧のとおり、相手先ブランド製造によって作成され、独自のブランドにカスタマイズされた製品を販売することは、非常に費用効果の高い戦略です。

コーヒーOEMの例では、注文すると空白のバッグを受け取ります。その空白のバッグを取り、自社のロゴと成分ラベルを適用させます。顧客があなたのコーヒーを購入するとき、彼らはそれが相手先ブランド製造によって作成されたことを知りません。

OEMを使用するための他のアイデアは次の通りです:

  • コーヒー
  • Apparel衣服
  • カップ/マグカップ
  • ペン
  • スマホケース
  • ジム設備

このプロセスはとても簡単です!自分のコーヒーOEMを始める準備はできていますか?ここをクリック

もう一つの大きなビジネスチャンスは、横浜珈琲問屋になることです。

横浜は日本で2番目に大きな都市です。コーヒーの卸売りをするのに最適な場所です。横浜は海岸沿いに大きな港があり、コーヒーなどの輸入がとても簡単です。

卸売業者とは、製品をまとめて販売する個人または企業です。彼らは通常店を持っていません。卸売業者がコーヒーのような製品を購入するとき、それを割引料金で売ることができます。そうすることでお金を稼ぐことを可能になります。

横浜事業

良い例は、横浜珈琲問屋になることです。最初のステップは、高品質のコーヒーを見つけて購入することです。コーヒーを購入した場所によっては、横浜に到着するまでに時間がかかる場合があります。

コーヒーが到着したら、ボートからトラックに降ろします。

ここからが横浜珈琲問屋になる醍醐味です。次の最も重要なステップは、コーヒーを購入する人や企業を見つけることです。

横浜の人は、購入する前に卸売りコーヒーのサンプルを試してみたいと思うことがよくあります。それは良い兆候です!彼らがあなたの製品を卸売価格で購入することを真剣に検討していることを意味します。

まとめると、横浜珈琲問屋になるためのポイントは次の通りです:

  • 良質のコーヒーを見つけます。
  • 商品を購入して横浜に輸入する。
  • 市内の人々や企業を調査し、連絡を取ります。
  • セールをするためにあなたのコーヒーを割引で販売する。

横浜の問屋になる準備はできていますか?ここをクリック

OEMまたは卸売業者にとって素晴らしい製品はインスタントコーヒーです。

普段は考えたこともないでしょう。多くの人は毎日コーヒーを飲んでいます。大体の人々の生活はとても忙しく、定期的にコーヒーを淹れる時間がありません。

瞬時に作られるコーヒー

そこでインスタントコーヒーが役立ちます。インスタントコーヒーは本物のコーヒーから作られています。通常のコーヒーと同じように、豆を挽いてから焙煎しています。

このプロセスが完了すると、コーヒーは凍結乾燥され、インスタントコーヒーが作成されます。 「インスタント」と呼ばれる理由は、醸造せずに水に吸収されるためです。これは時間を節約し、多くの場合お金を節約できます。

ここで、OEMまたはコーヒーの卸売業者になることを検討してください。

インスタントコーヒーの需要が非常に高いため、販売しやすい商品です。人々はいつもそれを買っています。

インスタントコーヒーはどこにでも簡単に持ち運び、使用することができます。それがコーヒーを消費する最も人気のある方法の1つになっている理由です。

最高のインスタントコーヒーを試したことありますか?まだの場合は是非、coffeesales.jpにアクセスして詳細を確認してみてください。