Home » Blog » 自社 ブランド

自社 ブランド

自社ブランドの製品とは、製造業者ではなく小売業者のブランドを持っている製品です。

自社ブランドは、競合他社の商品と区別し、消費者にとってより魅力的なものにするためによく行われます。

自社ブランドの製品は、多くの場合、確立された会社によって製造され、小売業者の自社ブランドで販売されます。

商号は、製造元のブランドと組み合わせて使用​​することも、小売業者独自のロゴに置き換えることもできます。

この戦略の主な目標は、デザインとブランディングの管理を維持しながら、コストを削減し、マージンを増やすことで顧客にリーチすることです。

自社ブランド製品の利点の1つは、小売業者が自社の店舗で同様の製品をより安い価格で提供しているメーカーと競争する機会を提供することです。

小売業者は、それらを使用して、同様の製品を販売する他の小売業者との差別化を図ることもできます。その結果、両社の販売量が増加します。

自社ブランドの製品はさまざまな方法で作成できますが、最も一般的なものには次のものがあります。

  • ストアの名前を使用する
  • 他のブランドを使用する。
  • 自社独自のブランドを使用する
  • 他のアイテムをまとめる

自社ブランドとは、ある会社が自社で製造し、他の会社の名前で販売されていない製品を表すために使用される用語です。

自社ブランド向けに製造された製品は、一流ブランドの製品と同じ品質ですが、広告予算が​​かからないため、低価格で提供されます。

自社ブランドとは、自社で製造したものではなく、店舗名で販売している商品に付けられた商標です。自社ブランドは一般的にブランド名を購入するよりも安いです。

自社ブランドの製品は、中小企業にとっての投資またはコスト削減策と見なすことができます。ブランドを販売する権利を支払っていないため、売上原価(COGS)は低くなります。また、消費者は、広告や制作のコストが不足しているため、これらの製品の品質が低いと感じる可能性があります。

自社ブランドは、製品がメーカーのブランドの1つではなく、自社ブランドで製造および販売されるマーケティング手法です。

自社ブランドの製品サプライヤーは、自社ブランドで製品を設計および販売する機会を会社に提供し、そのブランドを知っていて信頼している顧客に販売することができます。

自社ブランド商品の最も一般的な例は、コストコ、ウォルマート、ターゲット、トレーダージョーズなどの小売業者からのものです。

これらの小売業者は、シリアル、スープ、調味料、冷凍食品などの食品用に独自のストアブランドを作成することがよくあります。

これにより、消費者向けの低価格で、原材料から栄養成分まで、生産のあらゆる側面を管理できます。

自社ブランド製品とは、ナショナルブランドと競争するために、店舗またはブランド名で製造および販売される製品です。

財とサービス産業は経済の最大のセグメントであり、GDPの20%以上を占めています。

企業は自社のラベル付き商品やサービスを開発することで価値を得ることができますが、消費者の認識が不足しているため、期待した数のユニットを販売できないリスクも高くなります。

アディダスやナイキのような一部の企業は、特定のニッチ市場をターゲットにするために自社ブランドを使用しています。

ナイキの「JustDoIt」キャンペーンは、ナイキの収益の3分の1を占めるNikeFitness製品ラインの売り上げを伸ばすのに非常に成功しています。

自社ブランドの製品は、広告やマーケティングの費用をかけずに安価に製造できるため、ブランド製品よりも安価であることがよくあります。

自社ブランド製品の利点は、自分が何に取り組んでいるのかを知っていることです。すべての成分がパッケージに記載されているため、アレルギーに気づきやすくなります。

欠点は、製品が大企業によって製造されていないため、品質がそれほど高くない可能性があることです。

多くの企業は、自社が設計していない特別な製品が必要な場合に、自社ブランドの製品を選ぶことを好みます。彼らは、手頃な価格でそのような製品を生産することをいとわない製造業者を見つけた場合、それを製造することを選択します。

このように、会社は彼らが彼ら自身で製造する排他的でユニークな製品のセットを提供することができます。

自社ブランドの製品は、通常、他の誰かがブランドを変更して販売することを意図したものではありません。これは通常、ノックオフブランドなどのオフブランドであり、購入者がオリジナルと同じ品質であるかどうかを確認するのが難しいため、リスクを伴う可能性があります。

自社ブランドは、多くの場合、特定の市場セグメントを対象としています。

  1. 競合他社との差別化を図りたい小売業者
  2. 卸売業者ではなく直接製品を販売したいメーカー
  3. 自社製品には存在しない新しい市場を創造したい企業

戦略は、その独自の機能、利点、および価値を強調することにより、製品を競合他社と差別化することです。